G-DGZKN8QKJ6
top of page
  • 執筆者の写真難波 孝宏

重要なお知らせです。

movegeをご覧頂いてる皆様にお知らせです。

頑張る農家さん、笑顔あふれる農家さん応援プロジェクトmovegeは永遠に続きますが、少しだけ休憩のお時間を頂こうと考えています。…って、なんだかアーチストか芸能人ぽい(笑)発表スタイルですですが、正直いうとそんなに真剣なものでもなく単に「このプロジェクトを成功させる為の手段」という意味です。


凄く失礼なお話しですが、2年前農業なんか(ゴメンなさい)全く興味のなかった私達がこのように生意気なプロジェクトをスタートさせたのは、「もしかして、新しいマーケティングスタイルにこれからトライアルするのに農業って面白くない?」っていう単純な発想からでした。そして頑張る農家さん、笑顔あふれる農家さんの姿を目の当たりにする機会があったからです。様々なチャレンジを続けられる若い農家さんたちの事を取材を通じて知ってしまうと、「農家さんの事をもっと知りたい!」「もっと可能性を感じたい!」「もっともっと日本の農業を知りたい!」といった興味が次から次へと湧き上がってきます。日本の農業にも、農家のマーケティングにも可能性を確信させるだけの現状がそこにありました。


ただ、「その事を加速されるのに不足してるものは何だろう?」って考えた時私達なりに見えてくるものがありました。前記した通りほんの2年前まで農業の事なんか何ら興味を持たなかった私達ですが、農業素人だからこそ、でもマーケティングには、特にWEBマーケティングに関しては知識とか学問としてではなく現場で長年結果に向き合い失敗を重ねてきたから見えるものもがありました。詳細は省きます(書けないほど・・・笑)自分達の中での真剣な観察、調査、企画、そして葛藤の末行きついたのが「農業の第六次産業化支援」、特に「規格外作物を蘇らせての・・・」という事でした。


結論から言いますと、2023年5月から本格的にこの事業に取り組みます。


その為の準備期間(と言えば聞こえはいいですが現実は資金調達です)として、1年間はmovegeプロジェクトに使う時間と資金を節約して、主事業であるWEBマーケティング適正化支援事業(コンサルティング)に集中します。もちろん、この事業の対象は中小企業さんや農家さんですから様々な農家さんとにコミュニケーションはずっと続きます。しかしながら今までの様に実際に飛びまわっての取材とかではなくリモート中心になります。


何とか、早急に思いを実現したくて様々な企業様やファンドにお声がけしてきたのですが、私達の力不足、説得力説明力の欠如が原因で近々にお力添え頂くことはできませんでした。そこで出した結論が「何処にも誰にも頼らず、自分達の資金とリソースで事業を邁進させる!」となった訳です。本格的に規格外作物を蘇らせ第6次産業化して行くには、マーケティングやブランディングだけではなく、商品加工からロジスティックに至るまでの設備やリソースが必要です。勿論、来年の今頃潤沢な資金を持って悠々スタートが切れる訳ではありませんが、最低限必要な設備も整え再スタートするとつもりです。


Movegeを支えて下さった農家の皆様方、消費者の皆様方、そしてメディアの皆様方、今少し私達を温かい目で見守って頂ければ嬉しく思います。



2022年5月14日

代表取締役 難波孝宏





Comments


bottom of page